初代ゼロから男 時は金なり

暮石クリーニング【世間の認知度は『OO%』?】

更新日:

 

・9時〜  顧客名簿の付け足し

12月に入ってから少しずつではありますが、付け足していっているものです。ここ数日は石材店や墓地でお会いする方が増えてきましたので、お名前や特徴、その地域での習慣や墓地に来る頻度など、お話をして下さっている事を中心にまとめています。

・10時〜 花園墓地へサンプル施工と営業へ

この2日間はお客様にサンプルで暮石を施工させて頂いています。

実際に暮石クリーニングを購入してもらうにはどうしたらいいのか?という事で、話し方や(喋りすぎない)オススメの仕方なども考えながらやってはいるのですが、1番は会話をしながらお墓参りに来られる方で、

お客様は暮石をクリーニングする事でどうなるのか?どんな事を得られるのか?

この事を考えながら動いています。

お客様は僕が考えていた以上にお墓への思いや故人、先祖の方への気持ちが非常に強く、必ず月命日にはお参りにきている方や、1日と15日の「縁日」と言われる日にはお参りに来ている事、1回のお参りの所用時間は大体30分程度で帰られる事などが分かってきました。

暮石クリーニング(メンテナンス)は今のところ認知度がほぼ『0%』!

皆さんとお話をしていく中で、そもそも古くなった暮石をクリーニング出来る、元通りに出来る技術や業者がいる事自体まったく知られていない事には驚きました。

少し考えてみれば分かる事で、僕もアントレで初めてこのような職業がある事を知った時には驚きましたし、写真でビフォーアフター
を見た時には半信半疑でした。
また、価格に関しては本当に綺麗になるのなら安いという第一印象だった事を思い出しました。

墓地ではなく、イメージの写真もお見せせずに口頭で「暮石をクリーニングをします!綺麗になります!」と言っても、今の僕の頭の中にある
『暮石のクリーニングで、ピカピカの元通りに近い状態に戻る!』というイメージと、お客様が持つイメージには大きな差があるという事に気づきました。

暮石クリーニング(石材メンテナンス)が世の中に全く認知されていない、しかも石材店でも知らない方がいらっしゃる現状ですので、まずは相手が「知らない」という事を分かった状態から手短に、明確にイメージしてもらえるようにやってみます。

・15時〜 阪神百貨店へ荷物の搬入へ行く

昨年より彼女が明日から阪神百貨店に出店する為の什器の運搬と搬入を約束していましたので、搬入後大阪へと向かいます。

会話の中では僕が普段墓地で話している営業のやり方などを彼女に試し、どのように感じるか、暮石クリーニングをやってみたいと思われるか?を道中では色々と試しながらやっていました。

・16時〜 葬儀社と仕出し料理屋との試食会の段取り

前回の名古屋での葬儀社の担当の方からのお困り事で「仕出し料理屋」を探されているという事から、お店さんのご紹介に始まり、価格帯や内容、仕出し料理店に色々とお話を聞きながら進めました。

26日に葬儀社のほうで一通りの試食をしたいという事で、仕出し料理店とのセッティングを行い葬儀社の方と仕出し料理店の方との連絡先の交換となりましたので、僕の仕事をここまでとなりましたが、

今考えるとなぜ「勉強のために同行させて頂けませんか?」などの一言も入れずに終わっているのか、また、そもそもご紹介という事はどこまで責任を持つべきか?
26日に「仕出し屋さんの手伝いできました!」か、当初の予定通り電話で連絡を入れて伺ってみようと思います。

・17時〜 先日の事故での結果連絡が保険会社、警察署から入る

先日の車での事故でしたが、お互い自賠責保険のみで対応する事。人が絡む事故ではありましたが、物損事故扱いで進める事になりました。あっという間ではありましたが、これで一通りの事故後の処理を終える事となりました。

・18時〜 百貨店に到着。搬入などを行う。

予定通りに到着。
警備員や百貨店の指示に従い建物の中を進み催事場へと搬入を行います。

・3時〜 帰宅

大阪での予定を終え滋賀へと帰宅。

・4時〜 明日の石材店とのアポイント資料の準備

13時から予定している花園石材店さんとのアポイントを頂いていますので、資料をまとめます。

今回は相手のご要望が『造成』という全く未知の分野ですので、どんな事でお役に立てるかは分かりませんが僕が喋りすぎる事には十分注意して、色々とお話を伺ってきます。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」いいね ! しよう







-初代ゼロから男, 時は金なり
-, , , , , , ,

Copyright© ゼロから男の視点|zero-one.view , 2018 All Rights Reserved.