「体革命」 一覧

睡眠時間を削っても、パフォーマンスを下げないために!

皆さん睡眠時間はどれくらい取っていますか? 今日は医学博士が書いた睡眠に関する記事を読んだので、それについてまとめます。 睡眠時間を削っても、パフォーマンスを下げないために! 適切な睡眠時間とは? 一 ...

出来る人は仕事が好き過ぎる?

睡眠は好きですか? 睡眠週間や睡眠術など色々な書籍が出版されていますよね。 人間にとって必要な睡眠。 平均8時間程取るのが良いとは聞いた事がありますが、 今からご紹介する方達は全員早起き。 しかもご自 ...

痛いときに大活躍。ロキソニン

随分前に、腰を悪くして立てなくなったことがありました。 立てなくなるまでには段階があり、最初は腰の違和感から始まり、次に太ももに走る痺れ、それが慢性的に続くようになっていくとその痺れが足先まできます。 ...

運動することの重要性!Vol4.少し息が上がる程度のウォーキングでも効果がある

少し息が上がる程度のウォーキングでも効果がある 「運動がうつ病の予防効果をもたらすメカニズムを解明するには、さらに多くの研究が必要ですが、運動にはメンタルヘルスを改善する、身体的・社会的な複合的ベネフ ...

運動することの重要性!Vol5.1週間に1時間の運動でもうつ病の予防効果が

1週間に1時間の運動でもうつ病の予防効果が 「心身」の活性化を得るために、激しい運動を長時間行わなければならないわけではない。オーストラリアで発表された新しい研究では、1週間に1時間程度という少量の運 ...

運動することの重要性!Vol3.運動をすると「セロトニン」や「エンドルフィン」が増える

運動をすると「セロトニン」や「エンドルフィン」が増える ウォーキングやジョギング、サイクリングなど、一定のリズムで体の筋肉をうごかす有酸素運動により、脳の情報伝達のバランスを整える神経物質のひとつであ ...

運動することの重要性!Vol1.座ったまま過ごす時間が長いとうつ病のリスクが上昇

座ったまま過ごす時間が長いとうつ病のリスクが上昇 うつ病は世界的に増えている。世界保険期間(WHO)によると、世界中で3億人以上がうつ病で苦しんでいる。その数は2006年から2015年に18%増加した ...

運動することの重要性!Vol2.運動をするとポジティブな思考になりやすい

運動をするとポジティブな思考になりやすい 「座ったまま過ごす時間が長時間に及ぶ場合、1〜2分の短い時間をとり、体を動かすアクティブな休憩にあてることが勧められます」 毎日の生活の中で生産性をあげ、体の ...

お酒を飲むと顔が赤くなる人は注意が必要?Vol.2アルコールを飲みすぎると膀胱がんリスクが高い?

アルコールを飲みすぎると膀胱がんリスクが高い? 平均で約18年の追跡期間中に、464人(男性354人、女性110人)の膀胱がんを発症したそうです!解析した結果、飲酒で顔が赤くなる男性は、お酒をほとんど ...

お酒を飲むと顔が赤くなる人は注意が必要?Vol.2「節度ある適度な飲酒」の検証

「節度ある適度な飲酒」の検証 アセトアルデヒドには、発がん性があることが分かっています。欧米人を対象とした複数の疫学研究をまとめた海外の研究では、飲酒と膀胱がん羅患の関連はないと報告されている。しかし ...

Copyright© ゼロから男の視点|zero-one.view , 2018 All Rights Reserved.