初代ゼロから男 言葉

お墓コラム【注意したい忌み言葉!】

更新日:

忌み言葉(いみことば)とは、その場で使ってはいけない言葉のことであり、忌みはばかって使用を避ける言葉です。通夜や葬儀の席ではもちろんのこと、弔辞・弔電・お悔やみの言葉でも使用しないようご注意ください。

「忌み言葉」の画像検索結果
出典:みんなのウェディング

①不幸なことは二度と繰り返したくない気持ちから、重ね言葉や繰り返しを意味する言葉を避けます。

(例)重々、重ね重ね、度々、返す返す、しばしば、再々、再三、再三再四、またまた、続く、引続き、更に、再び、追伸

②それ自体が不吉もしくは悪いことを連想させる言葉を避けます。

(例)苦しむ、朽ちる、倒れる、浮ばれない

③直接的な表現は婉曲的な表現に言い換えます。
(例)死、死亡 ⇒ 急逝、逝去、永眠、世を去る、逝く、(若死の場合)夭折、早世
死亡の知らせ ⇒ 訃報、悲報

④宗教・宗派により使い分ける言葉

冥福・・・仏教と神道で使用(浄土真宗、日蓮宗の一部では使用しません)

成仏、供養・・・仏教のみ

帰幽、泉下・・・神道のみ

召天、昇天、帰天、神に召される・・・キリスト教のみ

⑤浄土真宗では置き替えたい言葉

草葉の陰、黄泉、天国、冥上 ⇒ 浄土、彼の土、西方浄土、極楽浄土

永眠する、眠る、旅立つ ⇒ 往生する、浄土へ還る

冥福を祈る ⇒ 偲んで念仏する、悼む

御霊前(不祝儀袋) ⇒ 御佛前、御華料、御香典

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」いいね ! しよう







-初代ゼロから男, 言葉
-,

Copyright© ゼロから男の視点|zero-one.view , 2018 All Rights Reserved.