初代ゼロから男 言葉

お墓コラム【お香典の表書きマナー】

更新日:

お香典の表書き

「香典の表書き」の画像検索結果出典:葬儀・弔問 マナー・順序・常識

持参方法

香典はお通夜または葬儀のいずれかに持参します。お通夜と葬儀の両方に出席する場合には、香典はどちらの時に出しても構わないですが、もしお通夜の時に受付で香典をお渡しした場合には、葬儀の際は記帳だけとなります。また、通夜に急いで駆けつけたというような場合には香典を持参をしないで受付では記帳だけをし、葬儀の時に改めて香典を持参します。

表書きの注意点

お通夜・葬儀のときと、法要とでは、のし袋の表書きが異なりますので注意をしましょう。仏教の場合はのしの表書きは「御霊前」「御香料」などです。表書きが印刷されているものを使っても失礼にはあたりません。最も一般的なのは「御霊前」で、この表書きは、通夜・葬儀だけではなく四十九日(忌明け)より前の法要でも用いられます。

のし袋の選び方

のし袋の水引の色は黒白または双銀、結び切りまたはあわじ結び(あわじ結びとは、結び切りより結び目が豪華でアワビのような形になったもの。あわび結びとも言います)のし袋を選ぶ時には、中に入れる金額にふさわしい袋を選ぶ様にします。

香典を数千円しか入れないのに、袋ばかりが立派では受け取り手も違和感がありますし、逆に高額の香典を包む時には、袋もそれなりに立派なものにします。

<注意点>
蓮(はす)の花の絵がついているものは、仏教専用です。御霊前という表書きは、仏教だけでなく宗教がわからない時に使えます。仏教の場合、通夜、葬儀、初七日は「御霊前」、四十九日以降の法事・法要は「御仏前」です。香典の下段、中央に会葬者の氏名をフルネームで書きます。名前を書く時には薄墨を用います。薄墨は悲しみの涙で文字がにじんでいるという気持ちを表すとされています。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」いいね ! しよう







-初代ゼロから男, 言葉
-, , ,

Copyright© ゼロから男の視点|zero-one.view , 2018 All Rights Reserved.