初代ゼロから男 言葉

男の一言シリーズvol.95( ウォルト・ディズニー編)

更新日:

ウォルト・ディズニー

アニメーター、プロデューサー、実業家、ミッキー・マウスの生みの親。

・どんな洗練された大人の中にも、外に出たくてしょうがない小さな子供がいる。

・笑い声は時代を超え、想像力は年を取らない。そして、夢は永遠のものだ。

・何かを始めるためには、しゃべるのをやめて行動し始めなければならない。

・過去の出来事に傷つけられることもあるだろう。でも私が思うに、そこから逃げ出すことも出来るが、そこから学ぶことも出来る。

・みんながミッキーマウスを見て笑えるのは、彼がとても人間らしいからだ。それが彼の人気の秘密だ。

・ディズニーランドが完成することはない。世の中に想像力がある限り進化し続けるだろう。

・宝島の海賊たちが盗んだ財宝よりも、本には多くの宝が眠っている。そして、何よりも、宝を毎日味わうことができるのだ。

・私はじっとしている事が出来ない。探索し、実験していないとダメなのだ。私は自分の仕事に満足したことがない。私は自分の想像力の限界に憤る。

・夢見ることができれば、それは実現できる。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」いいね ! しよう







-初代ゼロから男, 言葉
-, ,

Copyright© ゼロから男の視点|zero-one.view , 2018 All Rights Reserved.