言葉

お墓コラム【永代供養料金の一般的な内訳】

投稿日:

永代供養にかかる費用の内訳とは??

初回の一式費用

Fotomek / Pixabay

・永代供養料納骨
・法要のお布施
・刻字料

が含まれています。
初回の一式費用を支払えば、基本的に永代に渡って供養してくださいます。
毎年年間の管理料を払う必要があるお墓はほとんどありません。

これらが一式として見積もりの提出が行われることもあるので、それぞれの細かい費用の見積もりが不明な場合もあります。

永代供養料

永代供養料を支払うことで永代にわたって供養する権利を得ることができます。
供養内容は様々ですが、定期的な朝勤や遺族も参列できる合同の供養祭などを行うところが多いです。

納骨法要のお布施

納骨の際の納骨法要のお布施も料金に含まれていることも多いです。
以後の年忌法要込みのものもありますが、基本的には個別の法要は別料金で依頼するところが多いです。

刻字料

刻字料は墓誌や過去帳に記載に必要な料金ですが、これも一式料金に含まれることが多いです。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」いいね ! しよう







-言葉
-, , ,

Copyright© ゼロから男の視点|zero-one.view , 2018 All Rights Reserved.