言葉

お墓コラム【よく聞く「永代供養」とは?】

投稿日:

永代供養

子どもが娘だけで、家を継ぐ息子がいないケースや子どもがいないケースなど、現代は核家族化と少子化が進んでいます。
こういった場合、従来のように親族間でお墓を継承することがかなり困難となってきます。

この問題を解決するのが、永代供養型のお墓です。

永代供養型のお墓では、寺院や霊園が管理と供養をしてくれます。
永代供養の契約をすることで、お墓参りに行けないことやお墓の継承者がいないことを心配する必要がなくなります。


また、永代供養ではお墓の引継ぎを前提としていません。
子どもがいない方や子どもに負担をかけたくないという方が増えて、永代供養型のお墓は注目を集めています。
また、そのニーズも全国で急速に増加しています。

しかし、引継ぎを必要としないものの、永代供養の「永代」とは未来永劫を指すわけではありません。
ほとんどの場合で、三十三回忌や五十回忌の法要などの一定の期間で区切って「永代」とする場合が多いようです。
この一定の期間を過ぎると、それまで個別に納められていた遺骨をほかの方の遺骨と合同の形で納骨される形になります。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」いいね ! しよう







-言葉
-, , , ,

Copyright© ゼロから男の視点|zero-one.view , 2018 All Rights Reserved.