初代ゼロから男 言葉

男の一言シリーズvol.88(ヘルマン・ヘッセ 編)

更新日:

ヘルマン・ヘッセ

小説家、詩人。代表作に「車輪の下」「デミアン」「ガラス玉演戯」などがある。1946年にノーベル文学賞を受賞。

・君の中には、君に必要なすべてがある。「太陽」もある。「星」もある。「月」もある。君の求める光は、君自身の内にあるのだ。

・君がどんなに遠い夢を見ても、君自身が可能性を信じる限り、それは手の届くところにある。

・運命は、どこかよそからやってくるものではなく、自分の心の中で成長するものである。

・愛されることは幸福ではない。愛することこそ幸福だ。

・日の輝きと暴風雨とは、同じ空の違った表情にすぎない。運命は、甘いものにせよ、苦いものにせよ、好ましい糧として役立てよう。

・詩は音楽にならなかった言葉であり、音楽は言葉にならなかった詩である。

・鳥は卵からむりやり出ようとする。卵は世界である。生まれ出ようとする者は一つの世界を破壊しなければならない。

・真実は体験するもので、教わるものではない。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」いいね ! しよう







-初代ゼロから男, 言葉
-, ,

Copyright© ゼロから男の視点|zero-one.view , 2019 All Rights Reserved.