初代ゼロから男 言葉

男の一言シリーズvol.82( 魯迅編)

更新日:

魯迅

小説家、翻訳家、思想家。代表作に『阿Q正伝』『狂人日記』などがある。

・自己満足しない人間の多くは、永遠に前進し、永遠に希望を持つ。

・天才なんかあるものか。僕は他人がコーヒーを飲んでいる時間に仕事をしただけだ。

・思うに希望とは、もともとあるものともいえぬし、ないものともいえない。それは地上の道のようなものである。もともと地上には道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。

・女の天性には母性と娘性があって、妻性はない。妻性は無理に作られたもので、母性と娘性との混合でしかない。

・むかし景気のよかったものは、復古を主張し、いま景気のよいものは、現状維持を主張し、まだ景気のよくないものは、革新を主張する。

・自由はもちろん金で買えるものではない。だが、金のために売り払うことは出来る。

・心は、外から刺激を受けないと、枯死するか、さもなければ、萎縮してしまう外はない。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」いいね ! しよう







-初代ゼロから男, 言葉
-, ,

Copyright© ゼロから男の視点|zero-one.view , 2018 All Rights Reserved.