初代ゼロから男 時は金なり

1月2日【日誌】

更新日:

お疲れさまです。
1月2日の日誌です。

・8時〜    ※1. 墓地で営業するための資料の準備と印刷
・11時〜     自宅を出発、墓地へ
・11時30分〜 ※2.瀬田南大萱霊園にて営業
・15時〜     移動
・15時30分〜  ※3.西野墓地にて営業
・17時30分〜  移動
・18時30分〜  ホームセンターへ(暮石クリーニング用資材購入)
・19時30分〜  帰宅
・20時〜    ※4.今月の引越しと活動資金を稼ぐ手段を考える
・23時〜    移動
・1時〜    佐川印刷にて夜勤
・7時〜    帰宅

※1.
前回住宅街を回った時と同様に、チラシと名刺を準備しました。
印刷にはカラーコピーを使用していてコストが掛かるため、チラシ、名刺はまとめてネットプリントの会社に次回から
依頼します。
どのようなチラシ、名刺(屋号含め)が良いのか明確に定まっていないので、早急に決めます。

※2.
この霊園は山間にあり、敷地面積も広く綺麗に整備された新興の霊園でした。
暮石の施工業者、建てられた年数と汚れ具合を確認しながらお墓参りにいらっしゃっているお客様と会話をし、チラシを手渡ししていきました。新興の霊園だったため、平成10年以降に建てられた暮石が非常に多く、目立つ汚れがあったものは20基以下でした。
クリーニングではなく、簡易清掃とコーティングでお客様にはお勧めするようにしていきます。
正月という事でお参りに来ている方はいらっしゃいましたが、供花の枯れ具合から、年末にお墓参りを済ませている方が半数以上だという事が確認できました。
その後近隣の住宅街のチェックを行いましたが、立派な住宅も多く、霊園の価格と近隣の土地の値段が比例するのか調べます。

※3.
こちらは街中から少し外れた線路沿いにある墓地で、面積も決して広いわけではなく、多少荒れた印象を受ける墓地でした。
暮石は大正〜昭和に建てられたものが多く、「陸軍OO」という文字も所々に目立ちました。
問題として、線路沿いのためか、暮石が紫色に変色しているものが多数あり、おそらく「錆」となっているため、現状のクリーニング技術では除去しきる事が難しいため、案を考えます。
供花は6割程度は入っていたため、こちらも枯れ具合から年末までにお墓参りに来られていた事が確認できました。
時間帯の問題なのか、こちらではお墓参りをされている方には1人も会えず、近隣を歩く方々にご挨拶とお話をさせていただく状況になりました。
この近隣は高層階のマンションから昔ながらの住宅まで、様々な方達が住んでいる様子でした。

※4.先月の12月の名古屋での営業で稼ぐ事が出来なかったため、今月に予定している引越し、事業での活動費を工面するための打開策を検討しています。単純労働で1日に7,000円程。本来の事業に使うべき時間を動きながら考えていきます。

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」いいね ! しよう







-初代ゼロから男, 時は金なり
-,

Copyright© ゼロから男の視点|zero-one.view , 2018 All Rights Reserved.