稼ぐ

残り時間、CASHアプリで稼げるか?!前編

更新日:

12月に入り僕の目的は変わらず稼げるようになる事。

その為の目標は12月末までに50万円。

残り30日。

時間にして720時間。

分数にして43200分。

1分間に11.6円を稼ぎ続けなければ達成出来ません。

食事をしようとトイレに行こうと寝ていようと、僕のこの時間は止まりませんので、方法を考えています。

11月終わったかと思えばいきなり追い込まれた状態からのスタートです。

しかもブログで稼がせて頂く上限も決まった今、他の手段を考え実行、稼がなければ終わりです。11月の末になんとか達成出来た、目標に対するプラスが63,372円。

11月の後半は家にある物を片っ端から下取りに出していましたが、このプラス分はギリギリの所で買い戻しました。
もう家中の、自分の持ち物を売り払う事は出来れば避けたい12月です。
というよりもそんなやり方は続きません。

綺麗にだとか、正しくだとか、色々考えてたら間に合いません。

人としての、犯罪にならないラインだけはキープします。
(とは言え、人の為になる事だとか、誰かの為にだとか考えてしまうので、そこはうまく自分の中と外でコントロールします。)

そんな事を考えてながらも時間だけは過ぎていくので、まずやれる事。

CASHアプリを利用して転売する!

以前cashアプリという買取サービスのご紹介をさせて頂きましたが、

早速利用しましたので改めて紹介していきたいと思います。

前回の記事はこちらから→目の前のアイテムが一瞬でキャッシュ変わるアプリ「CASH」

そもそもCASHアプリとは

「目の前のアイテムが一瞬でキャッシュに変わる」

というキャッチコピーのもので、

たしかに必要なキャッシュを瞬間的に受け取れます!
(実際の口座に振り込まれるまでに、銀行の取引時間が関係しますが)

流れとしては、

自分の売りたい対象アイテムのブランド名、商品状態を登録し、写真を撮影したらその場ですぐに査定額が反映され、それに納得すればヤマトさんに集荷依頼をかけ、その後にはすぐにキャッシュを受け取ることができます。

僕も11月には家の中の物を片っ端から換金する準備をし、月末に臨んでいました。

12月に入った今日は、朝一からスマホを持って洋服のリサイクルショップへと行きます。

はい、そうなんです。

1127日で撤退したamazonせどりの応用で、CASHアプリを利用して稼ぐという転売のスタイルです。
まずはリサイクルショップに行く前に、キャッシュアプリで売れる物をはい把握しておきます。

現状このアプリの中ではブランド品、アパレル商品、アイフォンかアイパッド。
この範囲が主なところです。

ですのでリサイクルショップに行くときは、洋服で、販売価格が安くブランド品になるもの。
という括りで探すことを決めて店舗に行きます。

店舗内は物で溢れていますが、他のものは一旦置いておき、洋服の置いてあるコーナーへ急ぎます。
そこは巨大なリサイクルショップなので、豊富に商品を置いてあります。

洋服のコーナーに行ってやる事、それはタグを見てブランド品であれば値段を確認し、CASHでの販売価格を検索するという作業の繰り返しです。

このアプリ、1日に換金出来る上限は人それぞれで決まっていますが、商品の売却価格を検索するだけでしたら何点でも出来ます。

決めた時間の中で、片っ端から取り扱っているブランドの確認と、値段の確認を行っていきます。

ですが問題が、

男もののブランド服が、予想よりも少ない上に高い。

調べていても買取金額より仕入金額の方が高くなってしまう...

どうしたものかと考えている中で気づきました。

アパレル商品、圧倒的に多いのは

「レディースものだ!」

少し長くなりましたので、

この後のゼロから男の行動は次回に続きます。

次回→残り時間、CASHアプリで稼げるか?!後編

 

この記事が気に入ったら
「ViewCafe」いいね ! しよう







-稼ぐ
-, , , , , ,

Copyright© ゼロから男の視点|zero-one.view , 2018 All Rights Reserved.